ゲスト

Artist - アーティスト

photo:satoko

Satokolab

プロフィール

ヴォーカリスト。仙台を拠点に活動を行う。
2002年よりFreeTEMPOの楽曲にfeaturing vocalとして参加。
2007年よりソロプロジェクト"Satokolab" を始動。
同名のデビューアルバムはリビングからフロアまでを魅了する作品として好評を得る。
ジャンルを選ばず楽曲にあわせて表情を変える吉田聡子の歌声はSatokolabに おいて更なる可能性を求め続けている。

2008年7月30日に待望の1stフルアルバム
「Plus Love」+プラスラヴ+全10曲がリリース!!
Lving youのカバーをはじめリヴィングにもクラブにも対応の一枚として好評を得ている。

[Satokolab myspace]

photo:weekenders

weekenders

プロフィール

プロデューサー鈴木真一を中心とするダンス・ポップスユニット。
2007年、幅広い層への意識を高めたガーリーでポップなハウスミュージックを提案。
2008年、コンポーザーに竹村安司を迎え、ポップスにクラブミュージックの要素を組込んだオリジナリティに富む作品を制作。

鈴木真一
DJ/プロデューサー。Punk・New Wave、80~90年のサブカルチャーシーンに影響を受け、2000年インディペンデントレーベルFORESTNAUTS RECORDS(フォレストノーツ・レコーズ)設立。
FreeTEMPOの数々のプロジェクト、Satokolab・RACLA のプロデュース、antennasiaのリリースを手掛けてきた。

竹村安司
コンポーザー/ギタリスト。これまでWEEKENDERSでのYasushi Takemura名義でのリミックス、SATOKOLABでの楽曲提供やリミックスを手がけてきたFORESTNAUTS期待のコンポーザー。

[weekenders myspace]

photo:antennasia

antennasia

プロフィール

1999年、san (vo)とNerve(prog)により東京にて結成。
エレクトロニカ、ブリストル・サウンド、ダブ、ジャズなど様々な要素を消化した独自のサウンドを展開する。初期のアルバム、"ソラヲミテルトベナイトリノヨウニ"(1999)、"percentage"(2000)からは、音楽配信チャート(kanaderu.jp、Music Watch)No.1ヒットが2曲生まれている。
2002年、自主レーベル、Double Life Recordsより3rdアルバム"Phased"を発表。収録曲"Frozen"では、ピーター・ガブリエル本人がその楽曲のクオリティを認め、ガブリエルの楽曲のサンプル使用を許可している。ヨーロッパのプロモーターの目にとまり、2003年夏、ベルギーにてツアーを敢行、Gentse feestenなどに出演。
ツアーの好評を受け、ヨーロッパのラジオでantennasiaの曲が流れ始める。リスナーの要望に応え、ヨーロッパのショップでCDの販売を開始する。 (アメリカではBackstage Commerceで販売)
帯に坂本龍一氏のコメントが印刷されたアルバム"23 Bluebird Street, Velo-City"(FNRI-8)は、2006年7月にリリースされ、高い評価を得ている。
Lemongrass (Ger), Embee (Swe)らによるantennasia楽曲のremixも製作されており、国内外のコンピレーションにも、antennasiaの楽曲、remixが 多数収録されている。坂本龍一氏の立ち上げたプロジェクト、stop-rokkasho.orgにも楽曲を提供。
現在、6枚目のアルバムを製作中。収録予定曲のいくつかが「RADIO SAKAMOTO」のウェブサイトで公開されている。年内にremixアルバムを発表予定。

[antennasia HP]

photo:orange pekoe

orange pekoe

プロフィール

1998年大学の軽音楽部で意気投合した、ナガシマトモコ(ヴォーカル、作詞)と藤本一馬(ギター、作曲、編曲、プログラミング)により結成。
ジャズ、ブラジル音楽、ソウルなど、様々なワールドミュージックを独自に昇華したスタイルで自作自演。関西のカフェ、クラブを中心にライヴ活動を開始し、2001年ミニアルバム「orangepekoe」でデビュー。
2002年4月シングル「Happy Valley」でBMG japanよりメジャーデビュー。
現在までに5枚のオリジナルアルバムを発表。ライヴ活動を精力的に行う中、現在新曲を制作中。

ナガシマトモコ
5歳の頃歌手になることを決意し、歌い始める。学生生活中、スティーヴィー・ワンダーに出会って衝撃を受け、70年代のブラック・ミュージック、その後ジャズやブラジル音楽も好んで聴いていくようになる。
歌によって魂を表現することを決意し、現在に至る。

藤本一馬
ギタリストの父親の影響でビートルズにのめりこみ、その後ギターを弾き始める。そして叔父の影響でジャズに傾倒する。
ルーツを探るうちに、ブルース・ソウル・ブラジル音楽等様々な音楽を吸収し、その後クラブミュージックに出会い、コンポーザー・ギタープレイヤーとしての一面に加え、プログラミングにおいても常に新しい表現を生み出すようになる。
独自に昇華された音楽スタイルで、メロディを軸にした唯一無二のサウンドを創り出している。

[orange pekoe HP]

photo:DJ KENTARO

DJ KENTARO :DJ

プロフィール

若干20歳にして世界最高峰のDJバトル"DMC DJ CHAMPIONSHIPS 2002" において、16人のジャッジ中15人が1位をつける脅威のダブル スコアをつけ、全DMC史上でも今だ最高得点というギネス付きで、アジア人初の世界チャンピオンに輝く。
そして遂に2006年4月に正式に"Ninja Tune" とアーティスト契約を交わすと、1stソロ・アルバム“ENTER” が2007年春に全世界リリースされた。
独特にして強烈なリズムと、ジャンルを縦横無尽に駆け巡るサウンドデザインが評価され、オリコンインディーズチャート1位・i-Tunesのダンスチャートではアルバム、シン グル共に1位を獲得。そしてDVD化もされたそのリリースツアーでは、エンターテイメントとしてのDJプレイの完成形に多くの人が熱狂した。
今年6月に行われたヨーロッパツアーも大成功を収め、'08下半期も北米ツアー、ヨーロッパツアー第2弾、オセアニアツアーが予定されている。
地球上を飛び回るdj KENTAROは、唯一無二の存在として、この細分化された世の中で様々な生き方の人間から絶大な支持を受けている。
end VIP Director / Endeavor Entertainment / Ninja Tune 所属。

[DJ KENTARO HP]

photo:金原千恵子

金原千恵子

プロフィール

2001年1月に4HERO、ビョークとの仕事でも知られるEVERTON NELSON、米HIPHOP界からDJ SPINNAらも参加したアルバム「Silence」でデビュー。
一昨年5月にリリースした、4枚目のアルバム「STRINGS OF LIFE」は、プロデューサーに2006年グラミー賞でリミキサー賞を獲得したLOUIE VEGA をはじめ、人気絶頂のKASKADE、BLAZE、ANANDA PROJECT、RASMUS FABER、 KALEIDOらを迎え、実に幅広いヴァイオリン・ミーツ・ハウス・ サウンドを展開。最高のクリエイターによるダンスミュージックに仕上がっている。また先行12インチシングル のテクノ・クラシック「STRINGS OF LIFE」のカバー12インチシングルは日本国内だけで5000枚の大ヒットシングルを記録する。
恵比寿リキッドルームで行われた「STRINGS OF LIFE ツアーファイナル」では、BLAZE、RUSMUS FABERらと共演、大盛況で幕を閉じ、伝説の一夜となっている。そして今年、4/23にはDAISHI DANCE、SUGIURUMNらを迎えたDAYをテーマにした「SWEETEST DAY~ROMANCE FOR STRINGS」を、5/21にはJEFF MILLS、JOSH MILAN(BLAZE)らを迎えたNIGHTをテーマにした「VELVET NIGHT~PRAY FOR STRINGS」と、待望のNEW ALBUMを初の2部作でリリース。
5/23@京都WORLDを皮切りに、全国ツアーをスタート。9/15に恵比寿リキッドルームにてツアーファイナルを開催。

[金原千恵子 HP]

このページのトップへ

DJ/VJ

photo:森田昌典

森田昌典(STUDIO APARTMENT) :DJ

プロフィール

DJとして日本全国及び世界各国で活動。
ファッション業界(Paris Collection、Tokyo Girls Collection、Kobe Collection、他)や、アート及びIT業界(蜷川美花、NTT DoCoMo、au、他)とのコラボレーションも多数。又、阿部登とのトラックユニット・STUDIO APARTMENTとして、数々の音源をリリース。
代表曲である"Flight"は、King Street(US)、Defected(UK)、Ricanstraction(US)、Slip'N'Slide(UK)、Soul Heaven(UK)、Time Records(ITA)等、数多くのレーベルからリリースされ、世界的ヒットを収める。
その他の多くの楽曲もhedkandi(UK)、Pschent(FRA)、Fierce Angel(UK)、Blaze Imprints(US)等、様々なレーベルからリリースされ、STUDIO APARTMENT の名は一気に世界のダンスミュージックシーンへ。アルバム単位としては初となるワールドデビュー盤をKing Street(NY)よりリリース。世界最高峰のレーベル・Defected(UK)とも契約し、『STUDIO APARTMENT In The House』(10月予定)を含め、これから様々な楽曲がリリースされる予定である。
国内では、Crystal Kay、Def Tech、Misia、伊藤由奈、土屋アンナ、鈴木あみ、キマグレン等、多数のメジャーアーティストのプロデュース及びリミックスを担当し、確固たる地位を確立。
2006年より自身が主宰するダンスミュージックレーベル「Apt.」を設立。

[森田昌典(STUDIO APARTMENT) HP]

photo:DAISHI DANCE

DAISHI DANCE :DJ

プロフィール

札幌を拠点に活動するHOUSE DJ。メロディアスなHOUSEからマッシブなHOUSEまでハイブリッドでカッティングエッジなDJスタイルでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。
札幌の老舗CLUB“PRECIOUS HALL”でのレギュラーパーティは11年目に突入し毎月5時間~8時間ものロングセットDJを披露している。
ピアノやストリングスを軸としたメロディアスな楽曲プロデュースが特徴的で、2006年7月にSTUDIO APARTMENT主宰のダンスミュージックレーベル「Apt.」より自身初のオリジナルアルバム“the P.I.A.N.O set”をリリースし、外資系CDショップやiTune Music Storeなどの各ダンスチャートで軒並み1位を獲得した。
2007年10月にセカンドアルバム“MELODIES MELODIES”をリリース。CLUB MUSICとしては異例のオリコン総合アルバ ムチャート13位を記録!
2008年からは、札幌Precious hall以外にも東京ageHa・大阪GRAND Cafe・京都WORLD・福岡O/Dなどのメジャークラブでレギュラーパーティーをスタート!毎週末、全国各地のCLUBにてDJとして出演している。
2008年4月には、NYの老舗レーベルKING STREET SOUNDSの15周年を記念したMIX CD”KNY3”をリリース。
2008年7月2日には、DAISHI DANCE名義でジブリの名曲をハウスにカバーしたアルバム“the ジブリset”をリリースし、いつも以上にノスタルジックで感動的な楽曲を披露している。

[DAISHI DANCE HP]

photo:VJ WADAKEN

VJ WADAKEN :VJ

プロフィール

1999年、東京でVJ活動を開始。
HOUSE、ROCK、ELECTROをベースに活動するVisual Jockey、Pioneer DVJ-1000&SVM-1000を駆使した独自の映像表現で空間をロックする!!
DAFT PUNKやPAUL VAN DYK、LOUIE VEGAなどのビッグネーム,またMINISTRY OF SOUNDでVJを務めるなど海外での活躍が目覚ましく15カ国以上でプレイし日本と海外を行き来している日々を送っている。カンヌで開催されるMIDEMに本年まで3年連続正式招待されているVJでもある。
そして近年急成長を見せる中国のクラブシーンにおいてもVJとしての知名度を確立している。
CLUBでのVJに留まらずMarlboro、CHIVAS REGAL、fashion TVなどのParty VJやTVドラマや映画内でのVJ、また三味線奏者の吉田兄弟とのコラボレーションによる舞台映像なども手掛けている。
VJ以外にNEWSの山下智久主演のTVドラマ『演技者。』他、TV-CM、タイトルバック、Music Videoなどの演出を手掛け多数のVIDEO.DVD作品をリリース。またEpilogue Chantとのコラボレーションなどアパレルデザイナーとしての一面もある。
2008年新たな試みとして音と映像が完全にリンクしたAudioVisualのDVJプロジェクトを"The DJ formerly known as VJ WADAKEN"名義で始動。DJとしての活動も世界レベルでスタートした。

[VJ WADAKEN HP]

このページのトップへ

MC

photo:二瓶永莉

二瓶永莉

プロフィール

アシスタントMC
(株)エクシード所属
イベントMCやラジオなど、仙台を拠点に活動中。
グルメレポからスポーツ中継まで、マルチな仙台No.1MC目指します!
昨年から89ERSのDJアシスタントとしてお手伝いさせていただいてマース。
sendai collectionをたくさんの人に知ってもらえるように、当日は張り切ってガンバリマス!!
応援よろしくお願いします♪

[二瓶永莉blog]

photo:古田優児

古田優児

プロフィール

東北楽天ゴールデンイーグルス スタジアムDJ
仙台放送スーパーニュース ナレーター
TBCラジオ『しゃべりて』
心地良く響き渡るバリトンボイスでの選手コールはスタジアムの名物のひとつ。
その他、テレビ、ラジオ等で活躍中。

photo:山蔭ヒーロ

山蔭ヒーロ

プロフィール

DJ、パーソナリティー
仙台89ERSスタジアムDJ
『エディー・マーフィー』に憧れ単身アメリカ留学。
コメディアンの勉強を続けるかたわら、何度もエディー・マーフィーに接触を試みる…がことごとく失敗。 数年間に渡る、アメリカでのコメディアン修行を終え帰国。アメリカナイズされた新たな笑いの境地を目指す。

photo:大阪ともお

大坂ともお

プロフィール

DJ、パーソナリティー
ベガルタ仙台スタジアムDJ
仙台生まれ。
DJ、パーソナリティーとして、KHB「裏影」やDate fm「蹴球魂」など、数々の番組を担当。
サッカーのスタジアムDJとして、Jリーグベガルタ仙台や2002FIFA日韓ワールドカップでのアナウンスも担当。また「JELLY FISH OFFICE」代表として、ロックイベント「俺流」のプロデュースなど精力的に活動中。
ロックとサッカーをこよなく愛する、眼鏡男である。

このページのトップへ